再生医療 脂肪幹細胞

脂肪幹細胞

脂肪幹細胞

この数年注目されている「幹細胞を応用した再生医療」をご存知でしょうか?ヒト由来の幹細胞による治療で大きな効果と新たな期待が生まれます。 「幹細胞」には「成体幹細胞」、「ES細胞」、「iPS細胞」 がありますが、臨床応用がもっとも進められているのは「成体幹細胞」です。これは体内の各組織に存在する「幹細胞」のことです。通常は厄介者と思われているお腹まわりの脂肪には、実は「幹細胞」が豊富に含まれています。患者さんご自身の皮下脂肪から取り出した「脂肪由来幹細胞」を使用するヒト由来「幹細胞」を使った治療法です。

幹細胞とは?

肌細胞注入療法

人間の身体はーつの受精卵が細胞分裂を繰り返し、200種類以上で約37兆個となった細胞でできています。各細胞にはそれぞれの役割が決まっていて、皮膚なら皮膚の細胞、血液なら血液の細胞へと分裂を繰り返します。ところが、中には決まった役割を持たず、色々な細胞になることができる細胞、様々な組織や臓器に成長する素になる細胞があります。これが「幹細胞」なのです。

治療の効果

「脂肪由来幹細抱」を体内に投与することで、「病気の原因となっている臓器やダメージを受けた部位などの患部へ幹細胞が移動する」、「患部へたどり着いた幹細胞の働きによって炎症が抑えられたり、修復再生が促される」といったメカニズムで治療効果があると考えられています。

【期待できる効果】

■患部の修復・再生
・慢性疼痛
・脳梗塞
・脊髄損傷
・肝硬変
・糖尿病
・関節リウマチ
・アトピー性皮膚炎など
・スポーツなどにより損傷した靭帯や筋肉、ひざや関節の治療
■美容効果
・細胞レベルでのアンチエイジング

※当院は慢性疼痛を中心に治療しております。

安全性について

この治療法では、

①患者さんご自身の細胞から分離・培養される細胞を使用するため拒絶反応のリスクが少ない。

②皮下脂肪が身体表面に近い部分に存在するため局所麻酔で比較的安全に採取できる。

③幹細胞の投与が静脈への点滴注入等で行われる。

といった利点があり、患者さんの身体への負担が少ない治療法となっています。

副作用について

脂肪採取の際に、麻酔アレルギー、皮下出血、内出血、筋肉痛、発熱、
幹細胞投与の際に、アレルギー、発熱、血液凝固能異常、肺塞栓などが起こる事があります。

自己脂肪 採取から投与までの流れ

採取から投与までの流れ

  1. ① 患者本人の腹部から脂肪を5~10g程度採取
  2. ② 間葉系幹細胞を分離
  3. ③ 培養し細胞製剤(治療薬)を製造
  4. ④ 細胞製剤を静脈に点滴投与または患部に直接投与

よくあるご質問

Q
細胞培養が受けられない事はありますか?
A
術前の血液検査にて感染症が発見された場合や、血液凝固能(血の固まりやすさ)に異常がある方はこの治療をお受けいただくことが出来ません。
Q
年齢制限はありますか?
A
未成年の方はこの治療をお受けいただくことが出来ません。
Q
年齢に効果の差はありますか?
A
幹細胞は年齢と共に減少していきます。細胞自体は若い方の方が元気であることがありますが、幹細胞を培養して数を増やし、体に戻しますので幹細胞が減ってきたご年齢の高い方の方が実感いただけることがあります。
Q
培養をして投与することのリスクはありますか?
A
ご自身の細胞を投与しますので拒絶反応はありません。しかし、若干の内出血や炎症症状が起きることがあります。投与による大きなリスクはありません。
Q
細胞を入れることで本当に効果が出ますか?
A
効果はご実感いただけると思います。しかし、ご実感の程度は差があると思います。
治療開始前に担当医と相談をして期待される効果など、ご納得されましたら治療開始いただければ幸いです。
Q
効果の持続性はどのくらいありますか?
A
1回の治療で効果はご実感いただけると思います。しかし、1回ですべてが治るという事は申し上げられません。実際、全ての治療において何回か行った方が効果が高いという事は事実です。

インターネット診療(遠隔診療)

ももち浜クリニック ページトップへ